水素水の癌への効果とは?

 

日本人の死因第一位の癌。この病気で、日本人の約3割が死亡していると言われています。

 

健康にいいと言われている水素水が、癌にも効果があるというのです。

 

癌の治療は手術で病巣を取り除いたり、放射線で薬、抗がん剤を飲む、
という3つの方法が主なものとなります。

 

水素水には体内の活性酸素を除去するという抗酸化作用がありますが、
この働きが癌にも有効なのです。

 

抗がん剤治療や放射線治療は、体内で悪玉活性酸素が大量に生産されます。

 

この悪玉活性酸素が心臓や腎臓などに影響して免疫力が落ちたり、
臓器そのものの機能が低下してしまうことで辛い副作用が起こると言われています。

 

水素水は体内で強力な抗酸化作用があるため、この副作用の原因でもある
悪玉活性酸素のみを除去する効果があります。

 

その結果、放射線治療や抗がん剤治療をおこなっても免疫力を落とすことなく
治療が可能になるのです。

 

手術を行った場合にも傷口の炎症を抑え、傷口の直りを早くする効果もあると言われています。

 

また、癌が転移するときには細胞内のミトコンドリアが大きく影響していると
言われているのですが、水素水はミトコンドリアに作用することにより、
転移を防ぐ効果があるという説もあります。